美髪ベースメイクシャンプー守り髪の使い方|間違えると大惨事に!

美髪ベースメイクシャンプー守り髪の使い方|間違えると大惨事に!

シャワーを浴びる女性

 

 

あなたは、守り髪シャンプーの効果的な使い方を知っていますか?

 

 

もし間違った方法で使っていると、いくらシャンプーが良くても

 

 

頭皮はカサカサ、髪はパサパサ、キシキシという凄惨なことになります

 

 

せっかく良いシャンプーを買っても逆効果にならないよう、

 

 

損をしないためにシャンプー&トリートメントの効果的な使い方をまとめました

 

 

 

守り髪は、ボリュームを増すのに適しているため、

 

 

特に薄毛の人に有効と思われる内容となります

 

 

ボリュームを増やしたいならブラッシングから!

ブラッシングする女性

 

 

 

まずは髪を濡らさずにブラッシングをしてください

 

 

洗う前にブラッシングしてどうするの?

 

 

と思うかもしれませんが、ここでのブラッシングは汚れを落とす目的で行います

 

 

 

その日にたまったホコリや皮脂、抜けた毛髪などが髪にはたくさん残っていますので、ブラッシングで除去しましょう

 

 

汚れなどが残っているとシャンプーの泡立ちが悪くなったり、シャンプーの効果を低下させる原因となります

 

 

ブラッシングは、頭頂部から毛先へとゆっくりとかけていって下さい

 

 

可能なら、ブラシは薄いクシや、ロール系ブラシではなく、ブラッシング専用のものにしてください

 

 

 

ぬるま湯だけで洗う

 

 

まだシャンプーは使いません

 

 

次は、ぬるま湯で髪を洗いましょう

 

 

注意点として、熱湯は使わないでください

 

 

お湯で洗うだけでも、汚れの大半が落ちます

 

 

なので、シャンプーを使わないからと、いい加減に洗わず、頭皮をマッサージするように丁寧に洗ってください

 

 

絶対にやってはいけないことが、爪を立てたりガシガシ洗うことです

 

 

これをやると逆効果となります

 

 

 

守り髪によるシャンプーの仕方

 

 

ついにシャンプーの出番です

 

 

ここでは、刺激が少ないアミノ酸系シャンプー、

 

 

あるいは守り髪による方法を紹介します

 

 

刺激が強い高級アルコール系シャンプーですと当てはまらない部分があります(2度洗いなど)

 

 

まず、健康は頭皮を維持するには、基本は2度洗いを行います

 

 

1度目で表面の汚れを落とし、

 

 

2度目で毛穴にシャンプーを浸透させます

 

 

刺激を抑えるために、2度目は1度目の半分以下の使用量にしてください

 

 

2度目のシャンプーの際には、先ほどお湯で洗ったときのように頭皮をマッサージするようにして泡を毛穴に浸透させてください

 

 

ここでも、爪を立てたり力任せに洗うのはNGです。

 

 

どうしても力が入ってしまうなら脇をしめて、親指を使わないことで力加減を調節できます

 

 

洗い流すときも重要で、決して頭皮にシャンプーを残さないよう時間をかけて完全に流してください

 

 

頭皮は、洗いすぎると皮脂を落とし過ぎてカサカサになり

 

 

洗い足りないと汚れで毛穴が詰まって腫れたりします

 

 

適度に洗うことを心がけてください

 

 

トリートメント

 

 

シャンプーを完全に落としてからトリートメントを使います

 

 

トリートメントは、シャンプーとは違い、頭皮につけないよう気を付けてください

 

 

トリートメントは、小さくまとめた髪の一つ一つにすりこむようにつけましょう

 

 

付けた後は、すぐに流さず、5分程度放置してから洗い流してください

 

 

洗い流すときは

 

ゴシゴシとせず

 

ぬるま湯で

 

お湯の流れだけで落とすよう意識してください

 

 

終わったら、水分を十分に拭き取ったうえで乾燥させてください。

 

 

不十分な拭き取り方で自然乾燥させた場合、頭皮や髪を痛める原因となります

 

 

拭き取る際には摩擦を少なくすることを意識してください。

 

 

摩擦はキューティクルを壊す要因となります

 

 

 

 

これでシャンプー&トリートメントを活かせます

 

 

これらを実行することで、あなたはシャンプーやトリートメント効果をさらに引き出すことができるかもしれません

 

 

 

あなたが、どんなシャンプーを使ってもダメだというのなら、

 

 

これらの方法を行ったうえで、守り髪のような刺激が少ないシャンプーを使えば

 

 

幸せな未来を手に入れられるかもしれません

 

 

↓ボリュームを増やす人に最適の守り髪についてはこちらへ